看護師転職

看護師転職と職場の保育所の見学について

子育てをしているママさんナースは沢山いますが、仕事と家庭を両立させるのはとても大変ですよね。
上手く両立させる為には、少しでも負担を軽くする必要があります。

 

独身時代には、仕事中心でバリバリ働いていても、子育てをしていると同じように働く事はなかなかできませんよね。
子供が小さいうちは、子育てを中心とした働き方をする為に転職をする方も沢山います。

 

ママさんナースにとって働きやすいのは、子育てに理解がある職場です。
中でも、院内保育園がある職場は、とても助かりますよね。
同じ敷地内に保育園があるので、送迎の時間を省く事ができますし、子供に何かあってもすぐに駆けつける事ができます。
夜勤でも、残業があっても安心して子供を預ける事ができます。
一般の保育園と違い、一年中オープンしているところも嬉しいですよね。

 

転職する際に、事前に職場見学をする場合がありますが、一緒に院内保育園も見学する事をお勧めします。
保育園の雰囲気、利用者の人数、保育士の人柄など、大切な子供を預かってもらうのですから、事前に確認しておきたいですよね。

 

院内保育園が設置されている職場というのは、ママさんサースにとって働きやすい環境ですから、同じように子育てをしている看護師が沢山働いています。
子育ての悩みなどを相談する事ができますし、何よりも、理解してもらえる事が嬉しいですよね。
子供の都合でシフト変更したい時にも、協力し合う事ができます。
独身の看護師ばかりが働いている職場では、なかなか理解してもらうのは難しいものです。

 

院内保育園があれば、仕事に専念する事ができますから、夜勤の仕事をして効率良く稼ぐ事も可能です。
職場探しの際は、院内保育園を見学する事を忘れないでくださいね。

中途採用や新人のプリセプター制度について

新人看護師や中途採用の看護師にとって、新しい職場で働く時には、何かと不安がありますよね。

 

新人看護師の場合、何もかもが新しい事だらけです。
もう学生ではありませんから、甘えはききませんし、社会に出た事で緊張感や責任感も強いられます。
中途採用の看護師の場合、看護師としての経験があっても、職場が変われば、仕事のやり方も違ってきます。
経験があるだけに戸惑う事が多いですし、職場に慣れるのも大変です。

 

そのような方の為に、最近では、多くの職場でプリセプターの制度が取り入れられています。
新人看護師や中途採用に限らず、ベテランの看護師の為にも、レベルに合わせた研修を行っている職場もあります。
これは、スキルアップの為にはとても嬉しい制度ですよね。

 

新人看護師にとって、プリセプターの存在はとても大きいものです。
特に大学病院のような忙しい職場では、ピリピリした環境のせいか、先輩の看護師にはキツい人が多く、なかなか話をする事ができません。
わからない事があっても聞きにくい、といった雰囲気のところも少なくありません。

 

そんな時に、プリセプターがいると、とても心強く安心する事ができます。
プリセプターの先輩は、少しでも早く職場に馴染む事ができるように、気を使ってくれます。
わからない事があれば何でも聞く事ができますし、プリセプターを通して、他の先輩と仲良くなる事もできます。

 

夜勤専従看護師の職場というのは、女性が多い為、人間関係のトラブルが多いものですよね。
仕事もハードなので、挫折を考えてしまう看護師も少なくありません。
プリセプターのお陰で、仕事を続ける事ができたという看護師は、とても沢山います。
中途採用や新人看護師にとって、プリセプターの存在はとても大切ですね。

経験のない科に配属されるのは不安です

看護師として働いている方のほとんどは女性です。
女性は、結婚や出産などの生活環境の変化によって、働き方を変えざるを得ませんよね。
実際に、多くの方が出産を機に、育児に専念する為に一旦職場を離れ、数年後に職場復帰しています。

 

しかし、医療業界というのは、毎日進歩していますから、たった2、3年のブランクでも仕事内容が変化しています。
さらに、いろいろな知識を忘れてしまうものです。
その為、ブランク看護師は、仕事に復帰する際にはとても不安があります。

 

職場によっては、支援体制が整っていてプリセプターをつけてもらえるところもあります。
復職支援セミナーも開催されていますから、参加するのもおススメですが、特に、経験のない科に配属された場合には、プリセプター制度は心強いですよね。

 

ブランク看護師は、新人とは違い、いくら未経験の科でも、看護師としての経験があるので、周りのスタッフもどう接していいのか戸惑ってしまう部分があります。
そんな時に、プリセプターがついていてくれれば、他のスタッフの間に入ってくれる為、職場の雰囲気にも早く慣れる事ができます。

 

科によって医療行為や、仕事のやり方、使用する医療機械などが異なりますから、経験のない科で働く場合は、慣れるまでに時間がかかりますよね。
スタッフは忙しく仕事をしていますから、わからない事があっても、なかなか聞きにくい場合もあります。

 

ブランク後に初めて復職する職場は、とても緊張しますし、もし失敗した場合、後々に引きずってしまう可能性もあります。
復職を成功させ、スムーズに仕事をする為にも、支援体制の整っている病院で働きたいですよね。
プリセプターがついてくれるような病院であれば、経験のない科でも安心して働く事ができます。ナースバンクで転職すると失敗する3つの理由